« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月29日 (日)

戸隠キャンプ場の続きのつづき

モスラが、戸隠キャンプ場を完結させないで、放置しているのでイルカが代筆でさっと終わりにしちゃいます。

確かハクかキャンプ場内を散策する所で終わっていたので、そこから始めます。

キャンプ場の中には、小川が流れていて、到着した頃は雨の為、濁流になっていましたが、ウロウロ散策してたどり着くとだいぶ流れが落ち着いていました。

9

泳ぎが苦手なハクでも、この通りスイスイです。

10

足が付く場所では、満面の笑み♪

11

イルカ&ハクペアが、散策から戻ると夕飯が出来ていました。

12

パックと食べたら、食後の散歩をみんなでしました。

キャンプ場に付くまで大雨だったのが、嘘のような夕暮れです。

13

再びドッグランへ。

14

モスラが、一度目に行った時に『草、ボーボーやわ!』と言ったのが聞こえたのか、いつの間にか、草刈りが完了していました。

15

突然の草刈りに驚いたのは、バッタさんのようで、大量のバッタが跳ねまわっていました。

16

そして、19:00になり、温度も19℃と冷え込んできました。

しかし、今になっては温度差が実感出来ません。記憶によれば、その頃千葉では30℃前後の熱帯夜であったはずです。

17

そして、二日目に続く。(まだ、続くのでした・・・)

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月 9日 (月)

白龍よ!今度は何処に居るんだ!

突然の雷thunderが鳴り響く、もちろん白龍の姿は見当たらない。

今回もローラー作戦で白龍の捜索を開始。

・・・が、前回隠れていた古新聞置き場にも見当たらない、いったい何処に行ったの???

家の中を探しても何処にもいない、冷や汗が流れるshock

まさか、逃亡したか!

その時、お風呂場から音が聞こえた。

1_3

しかし、そこには瑠璃しかない。

でも、瑠璃以外の荒い鼻息が聞こえるような気がする。

まさかと思うが、風呂の蓋をあけると・・・

2_3

なんと!そこには白龍が居るではないか!

ミラクル!白龍は自分で入って蓋をしたのか?

たまたま、入ったら蓋が閉まったのか不明だが、鼻息荒く涎まみれで固まっていたgawk

このまま気が付かずお風呂の電源を入れたら、『ハクちゃん汁』が完成するところでした。

危ない、危ない。

3_4

雷が鳴ると、擬態したりイリュージョンしたりと、芸達者な白龍でした。

本人は必至で、何も覚えて無いと思うけどね。

そんな白龍にポチッとお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年9月 8日 (日)

罠に掛かった瑠璃

我が家では、お風呂に入る前に布団を敷くのですが、お風呂から出ると必ずといっていいほど、布団が荒らされていました。

しかし、入浴中に誰かが悪さをしているので、犯人が分かりませんでした。

今回、とうとう犯人が捕獲されました。

1_2

敷布団カバーの留めゴムに、体が絡み動けないようです。

お仕置きの為、瑠璃を暫く放置しました。

2_2

これで、少しは反省するかなって思っていたら、なんと瑠璃は何にも気にせず歩きだした。

3_3

だるそうにウロウロしだした瑠璃は、なんとそのまま、ハウスを潰してくつろぎ始めましたshock

4

あんた、少しは反省する気は無いのですかpout

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 5日 (木)

また、脱走か???

最近各地で自然災害が頻発しています、幸いな事に我が地方では、大きな被害はありません。しかし、白龍坊っちゃんは雷が嫌いです。それで、以前逃亡して保健所の方にお世話になっているだけに、朝から鳴り響く雷の音を聞くと、白龍の事が心配になります。

そんな事を考えて、白龍を見ると・・・

また、いないshock

慌てて探すも、今回は何処の網戸も破られていない。トイレもお風呂場も探したけど居ない。

『白龍、何処行ったんだ!!!』

家の中に居る事は分かっているので、ローラ作戦で白龍捜索を実施。

1

・・・で、見つかりました。

写真を見れば分かるように、擬態で見分けが付きません。

2

なぜ、そこに居るんだ!

大迷惑な白龍にポチッお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »